概要

概要

我が国の医学・医療技術は世界最高水準にあります。ただ、専門医が増える一方で、一人の患者の抱える複数の問題に包括的かつ継続的に対応できる医師の不足が問題となっています。特に高齢化が進みつつある我が国では、家庭及び地域という枠組みの中でも責任を持って診療できる医師が強く求められており、そのような医師像としては以下のようなことが求められます。

  • 初期一般内科治療を適確に実践し継続医療を提供しつつも、各領域における専門的治療の必要性を遅滞なく
  • 診断できる臨床力
  • 包括的かつ統合性をもって多職種と連携しリーダーシップを取る力
  • 「生活と調和した地域医療」の実現に様々な角度から貢献するためのリサーチマインド

これらの資質を持つ医師こそが、病院そして包括地域医療を切り開く総合診療医です。総合診療医を育成するには、現在の教育プログラムに加え、地域医療を担う総合診療医育成に最適化した教育プログラムを追加することが必要です。また、生涯教育に目を向けると、「職業」と「子育て」を両立させて地域医療への貢献が期待される女性医師や、領域別専門医から包括的地域医療に参入するというキャリアパスの支援も含めた生涯教育プログラムが必要です。

事業の概要

九州大学病院、医学系学府、関連医療機関が連携し、学部、初期・後期研修、大学院教育を通じて、包括的地域医療の中心を担う総合診療医を育成します。本プログラムの研修の柱は総合臨床研修としてヘルスサービスリサーチであり、後期研修・総合診療医コース、臨床系大学院・総合診療医コース、インテンシブ総合診療医コースで構成されます。

九州大学総合診療科を活用した総合的臨床とヘルスサービスリサーチ教育プログラム

達成目標

本プログラムによって育成が期待できる総合診療医像は、

(1)専門医・医学博士として専門性を保ちながら、複数臓器に関連する病態に対応できる総合診療医

(2)地域医療の様々な問題を科学的に解析・理解し、多職種と連携して能動的に新しい医療のあり方を

実現する力のある総合診療医

(3)結婚・出産後、総合診療技術を身につけ現場に復帰する女性総合診療医

です。以上より、高齢化により複雑化した多臓器にわたる病像に対応できる医師の不足という問題に留まらず、介護難民、がん難民、自殺などの身近で深刻な問題に対して、これからの包括的地域医療を切り開く総合診療医を社会に輩出します。